MSは医療機関へ医薬品の販売を行い、流通価格の決定権を持ちます

医薬品卸の営業担当

製薬メーカーと医療機関の仲介役として、数多くのメーカーの医薬品を取り扱い、その流通を担っているのが医薬品卸ですが、その営業担当者として、医療機関や調剤薬局に販売活動や最新の医療情報を提供るのが、MS(マーケティング・スペシャリストの略)の仕事です。

病院や薬局からの注文に対して、医薬品を届けますが、緊急の注文の場合は、特殊な医薬品であることも多く、患者さんの命がかかっていることがあるため、迅速に対応しなければなりません。

卸値を医薬品卸が決めるようになり、医薬分業の影響で院外薬局への流通が増加するにつれて、MSの役割は重要になりつつあります。

特に昨今は、処方箋様式の変更によって、調剤薬局がジェネリック医薬品を選択する可能性も出てきたことから、調剤薬局への営業を担当するMSの役割がさらに重視されてきています。

MR(医薬情報担当者)は、特定の製薬メーカーの担当者であることから、自社製品についての情報提供が主な仕事となりますが、MSは医薬品卸の販売担当者ですので、様々な製薬メーカーの製品についての情報提供を、販売のために行なうことになります。

主にMSが提供している情報は、各医薬品の評判、納入価格、同じ効果を持った製品のメーカー間における違いなどさまざまです。また、MSはMRとは違い、医師や薬剤師、MRだけではなく、薬局の事務員などとも情報交換を行います。